2007 FORD MUSTANG V6


2007 フォード マスタング V6





このビスタブルーのマスタングを見付けるに辺り、さほど数の多い状況ではなかったものの、見つかる車輌がどうしても、気に入らない。これと言って決定的なNGと言えるほどの事はなかったのですが、何か気になるわけです。

それは内外装の問題とかではなく、単にしっくりこない、というだけのものです。
こうした感は、あくまでも私と個人のものだったりするのですが、これを大切にしたいと自分なりに思っているのです。

調査する以前に感じるフィーリングも含め、もしこの車輌が良いとしても、何かある、と感じた時点で、購入を前提にする事はなく、問い合わせする価値があるもの、と思った時に初めて調査をしています。

そしてこのマスタングも同様で、この車にたどり着くまでに複数をパスし、初めて待った甲斐のあると思えるディーラーに巡り合えたのでした。

ロサンゼルス海岸線沿い北に約2時間。サンタバーバラ地域に位置する町 Ventura(ベンチュラ)。
静かな環境に綺麗な海。夕方になると皆がビーチで夕日をひっそり楽しむような町です。

最初に合った担当者の名前は、ジェリー。ケビン コスナーによく似ているセールスマンで、とても紳士的かる穏やかな性格の方でした。どんなことでも頷いて話を聞いてくれる。
そんなジェリーが私に社長を紹介してくれました。社長の名前はAllan Crocket(アラン クロケット)。
私より10も離れていない感じ(60年代の生まれ)のとてもカジュアルで気さくな社長です。

すぐに鍵を渡され試乗。誰も同乗もしないから、思う存分好きなだけ走ってきていいからと。写真もお客さんが満足してくれるだけ撮ってくれればよいし、価格も相談にnのるからね、と。

この時点でテストドライブはおそらく必要ない、思いました。それこそ「感じ」です。
勿論、念の為試乗をしますが、パーフェクトです。

実際の話ですが、私はお客様の予算をオーバーしているのを承知の上でこのディーラーを訪れたのですが、もし車や販売店に何の不具合もなければ、値引きの価値はあると思っていたのです。
まさに試乗前に彼らが言った私への一言、「価格も相談にのるからね」と言う言葉が逆に、打算的な自分の思いが見透かされていたようで複雑な気分でした。自分だったら、値引きをしないで買いたい、と思うのですが、私情は禁物です。

お客様に報告し、後日電話をしたら、快くこちらの予算を引き受けてくれました。
早速ディーラーに向かい、契約が終わったと思ったら、ジェリーと交代に社長のアランが来て、マスタングについて、色々な話をしたいと言い出したのです。
日本では人気があるのか、カスタムはするのか、レースはあるのか、等。

更にDVDを手渡され、レースにのめり込む彼の色んな映像がこの中に記録されています。更に、サービス部門(ピット)に案内されたと思うと、メカニックと握手をしつつ、またマスタングについて話が盛り上がるのです。面白い事にメカニックには熟練したと言えそうな年配者が多いのです。僕たちはレースの為なら何だって出来るんだと熱い思いに感動をしました。
販売はそっちのけで、好きなことをしたいんだと言う彼らに付いてくる人は多い。
その根本は、何なのか。

このDVDは誰が作成したのかと聞くと、この小さな町の映像の勉強をしている学生達だと言うのです。
きっとこういう事なんだと思った。彼らの夢は彼らだけが追いかけているのではなくて、この町で共有してみんなの喜びに変えているんですね。

プロに頼んだかっこ良い映像より、ちょっと素人っぽくても、こうしてみんなで作った映像の方がもっとかっこ良いと思う。

パワーカウンティも忘れてはいけない良い見本にしなくてはなりません。



調査先

BARBER FORD

Ventura, CA

参考資料

FACE BOOK
https://www.facebook.com/allan.crocket/photos

アランの記事
http://www.carcraft.com/featuredvehicles/ccrp_1008_2004_2009_ford_mustang_model_comparison/viewall.html

BARBER FORD VENTURA
http://barberfordonline.com/


Power County