2009 NISSAN FRONTIER Crew Cab Long Bed RED ALERT


愛知県のお客様のお車のご紹介をさせていただきます

2009 ニッサン フロンティア V6 4.0L 6MT
Cerritos Nissan

Eメールやお電話では、幾度かお問い合わせを頂いた後、千葉にて直接お越し頂きお話をさせて頂きました。条件であるクルーキャブ、ロングベッド、マニュアルトランスミッションの設定が市場の在庫では見つける事ができず、ファクトリーオーダー、つまり受注生産にて発注することになりました。当時はまだ2008年モデルが販売されているタイミングでしたが、どうやら時期モデルから内装が異なる為、何としても09モデルを手配できないかどうか...とディーラーを回って最終的に身近なディーラーで話がまとまりました。実はそれまで各ディーラーでは詳細が出ず、価格もままならない状況です。まだまだ08モデルの在庫が過剰なためでもありましたが、結果的に正式に公開される前にオーダーすると言う珍しい買い方となったのです。

しかしながら、本来の予定日より3ヶ月遅れでの入荷で、それまでには大変ご心労をお掛けいたしました。オーダー後に経済危機に陥り、私としても既に支払いを済ませたディーラーが倒産したことを考えて、最悪弊社の損失計上とご返金額の段取りなども視野に入れなければなどと、余計な心配までしてしまったのです。当初の入荷予定日が過ぎ、なかなか進捗状況を把握できず、その分お客様には大変なご心配をさせてしまった事は、私としても反省の材料です。それでも常識的は範囲を超えたマメさでディーラーも対応してくれたのですが、日本では考えられないレスポンスの悪さではあり、プッシュしようにも矛先をディーラーに向けたところで暖簾に腕押しといったところ。円高が進む中、当初言っていたディーラーの話にあった、「日本から輸入される」話を再度確認し、テネシーで組む方向であれば一日でも早い納期が望めるのではないかと言う結論から、併行してNISSAN NORTH AMERICAに打診した結果、時期尚早に入荷との連絡があった次第です。VINすら分からない数ヶ月間はまさにお客様も私も、車は来るのだろうか?なんて疑問があったことでしょう。ただ、私と共にサポートをしてくれた現地人の協力もあり、後半はあるていどスムーズな入手とシッピングが可能となったのです。感謝です。

経済危機もさることながら、Crew Cab-Long Bed-6speedMTと言うかなり貴重なセッティングは現車どころか、オーダー自体がそうあるものではありません。ミッドサイズとは言え全長560cm弱とサイズも充分。外装色、内装色、パッケージ、キャビン、ベッドサイズ、トランスミッションを全てお客様で選んでオーダーされたこの意気込みを考えると、想像を絶する喜びがあったのではないかと思います。私ですら、入荷時はオーナーさんより喜んでいたのではないかと自分で思うほど嬉しくて仕方ないのでした。
そして更には、私とオーナーさんと私と同じく「フロンティアはどうなりました?」と大変心配されていたお客様もいられました。入荷した時に、喜びと安心を共感された方は、実は無数に居たことを記したいと思います。本当にありがとうございました。

さて、NISSAN FRONTIER 6MTは2009年モデルからトーイングキャパシティーをフルサイズ並に大幅に上げることに成功しています。1速でのトルクは相当に太く、アメリカンな連結スタイルを彷彿とさせてくれます。これなら、タイヤサイズを3インチ位アップする位で驚きの加速感と伸びを感じさせてくれるのではないかと言う感触です。これからアメリカンカスタムに流用できるマルチな車ではないかと思います。
今後のオーナーさんの動向にご期待したいと思います。また、ベッドもライナーではなくスプレー式のライン-X仕様のベッドプロテクションは歪みもなく軽量でとても好印象です。
ホイールはKMC Rock Starに変更。

P.S.オーナーさんとは陸運支局にて登録後にお会いしたのですが、自作したパワーカウンティーのステッカーを数枚頂き、最後に「高久さんの好きな所に貼ってください」とオーナーさんのお車に貼らせていただきました。なんだか自分の車が納車されて気分でした。涙がでる位嬉しいハプニングです。

調査対象:Cerritos Nissan(セリトスニッサン)
Thanks for Gio,Mike and Marco.


お客様からのお便りご紹介
(お名前を伏せて、文面には一切手を加えずにプリントスクリーンしています)


Power County