First Kiss


Story of FIRST KISS on the hood of Grey Metallic Ford Mustang GT




若い二人が、自分の車の上で初めて体験する興奮について語り合っています。
チェリーコーラの話から、ライスプリンから、トラブルだらけの初体験
(初めての運転、中華料理屋さんで財布を無くした出来事)や
彼女のおでこのシミの話からキスに発展します。

ところが、通りすがりの老夫婦に注意されます。
「人の車の上で何をしてるんだ?」と。
自分達の車と思っていた若い二人は同じ色の老夫婦のマスタングと間違えていました。

ご主人(ジーン)の「この車をクリーニングに出したばかり」と言う言葉に、
同様しながらポケットに手を入れお金を指す出す男の子。
それを受け取ろうとするジーンを制して妻は思い出を語り始めます。
1965年、ジーンのマスタングの車中で初めてのキスを交わした事。
ちょうどその時、私の父と出くわしてしまった事。
その父の優しさにジーンは随分感謝しているのではないかしら?と言う言葉に
ジーンも若い彼らを責める気分にはなれないのでした。


なんとなく車は生活するための足のように思われる日本ですが、
実は大切な思い出が詰まった大切な宝物のような気がしてきますね。