パワーカウンティー誕生まで

 ひと昔前、まだあまり広く知られていなかった一般的な輸入車の固体状況の程度悪さを何とかしたいと
自ら渡米し、ディーラーから輸入しては日本のオークションに出したり、現地輸出業者さんを紹介したり
したのがパワーカウンティの始まりです。
現状を知った周囲から輸入を頼まれるようになったのを転機に、米国に現地法人を置き買い付けの
業務を公的に本格化できるようになりました。
 当時、輸入して買う現地ディーラー車の価格と日本の車屋さんの店頭価格の格差、
米国ディーラーの固体状況の高さと日本の固体状態の低さが知られるようになり
ユーザーさんの後押しを受けての誕生でした。
 苦境との戦い

代金を先に支払ってアメリカにある車を買うと言うスタイルは、当時は誰もが抵抗のある買い方だと、常識的に理解されず、あくまでも口コミやご紹介がメインで水面下で業務を行っておりました。

一時期、こうした購入の仕方が広がりつつあることで、距離の戻しや現地の価格、市場の内情が明らかになり、それに伴いアメリカ車雑誌に「危険な買い方」として取り上げられることで、弊社スタイルに対する業界からの反発の声と、それに反して支えてくださる多くの方々の声がありました。

輸入車販売事情の訴えとそれを掻き消そうとする声。そうした時期をいつの間に乗り越え、ようやく理解されつつあるなかで、今度はこのスタイルを悪用する事例も報告される時代になってきています。

全ての方法は、関わる者の心でしかない。

当時、霧の中を模索する中で、私に出来ることはオーダーを頂いている方に最高の一台を届けること。不安に打ち勝つ為にはそれしかありませんでした。しかし、幸運にも、その時代があったからこそ、今の理念のあり方を確実にしてくれています。

会社である以上は利益を上げる事は当然ですが、利益を最優先しては本末転倒です。
ようやく理解されつつある自動車の購入方法です。
車の個人輸入 = 利益 > 質 の図式が広がらない事を切に願いつつ、初心忘れず、パワーカウンティーであり続けていきたいと思います。


パワーカウンティ/パワーエクスポート
代表 高久 豊